GOODSIDE

Iflyer

Big Cartel Products

カート

GOODWEATHER | ALL TIME DO IT YOURSELF
1815
home,page,page-id-1815,page-template,page-template-blog-masonry,page-template-blog-masonry-php,ajax_updown,page_not_loaded,boxed,select-theme-ver-2.6,,wpb-js-composer js-comp-ver-4.7.4,vc_responsive
 
  • Sort Blog:
  • All
  • Design
  • ERI飯
  • EVENT-INFO
  • Music
  • NEWS
  • NON-GENRE
  • RECOMMEND
  • RELEASE
  • つれづれエリ話

SOAK IN DEEP

ココしばらく、GOODWEATHERとZECHZGANGZの波状攻撃というか
ヘタすると毎週何かやってる状態になったりして
一月何も無いと、逆に不安に思ったりして。。。いや、思いたくないw
それを人はビョウテキというのだ

ソウは言えども、最近ほんとうにフロアアディクトになってて
もっともっと・・・何かを見つけたい欲に駆られています
新しいこと、も、そうなんだけど。それだけじゃなくてクラブでなければ為しえないこと
そういう基本的な欲求をまた追っているのです。
もう何年フロアで消費と消耗を繰り返したかワカラナイのに、20年以上超えて
いまだにワスレラレナイ夜を夢見ているんですよね。

今週は色々とドラマティックで
まずあとちょっとでROAD TO OUTLOOKのファイナリストが決定します。
まず応募したMIXを審査員がそれぞれチョイスして、10組に絞られ
そしてその後はFACEBOOKでの”いいね”の数で争います。
いつもこの”いいね”で引っかかるんだけど
この”いいね”が導くのは知り合いや友達の多さではなく、
なんとしてでも出たいという気持の大きさになるんだと思っています。
正直、”いいね”の数を争うことがノーバイアスで音だけで決めるということとは反例してて
単純に知り合いや友達が多いと有利じゃね?ってトコもありますが
それ以上に「普段の活動の現状」が透けて見えるのも事実。
ローカルからイイネもファイナルも勝ち上がった去年のiSOP君がいかにクールだったか、
これこそがノーバイアスになるわけで、その手前のエゴと闘う事もまた
コンテストに出すということなんだろうと思っています。

泣いても笑っても、ファイナリストになってからが本当の現場。
3/11に、club asiaでお待ちしております・・・・

正直メンツこのままOUTLOOKでもよくね?的内容すね・・・w

12784292_1034849049922257_1337511354_n

 

 

 

 

 

←SAM BINGAまじでこの機会に是非。
彼についてはまた書きます。
名古屋公演もあります3/12です。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、、、、今週末は是非ZECHZGANGZ#3においで下さい・・・
毎回秀逸な記事をかいていただくBlock.fmさんに今回もエライ素晴らしい紹介文書いて貰いました。

最新エクスペリメンタルテクノを感じたいなら名古屋でどうぞ。
注目イベント”ZECHZGANGZ#3”の持つ3つの魅力


 


ありがたすぎて、逆に恐縮なんだけどw
でも、本当に今ヤリタイコトをやってるという喜びが溢れています。
そしてそのフィードバックがGOODWEATHERにもあって
ZECHZGANGZ始めてよかったなとも思っています。
そんな、夢希望のつまったwパーティーの内容は、GWとほぼほぼ同じ
“実験と創造、そして存続する価値観をぬりかえるトラウマ”なわけでして
今回のゲストも、ウワサには何度も聞いていたしマージナルのMIXもチェックしてた。
で、dommuneで見たときに半裸の獣人のような姿に「なにこの異質な・・・・」というイメージから大望の初見がSLACKK大阪公演。
あんな空気を全部握りしめて変化させるDJ久々に聴いたんだよね。
それまで、スラックのハードでビートの強い重力感あるGRIMEから一転して
解放され自由にチョイスされる実験音楽の数かず・・・・・・
もちろん、それは踊りちぎれるわけで、ニヤニヤっとTUTTLEさんに
「おまえ、こんなん大好きやろ」と言われて頷くしかなったのです、コクコク・・・

で、いずれ必ず彼をブッキングしたいと思っていた中でのZECHZGANGZ
ぼくはなんて都合の良いパーティーをはじめたんだ、と。
後日JB’Sのバーカウンターで、アオキ君に
「えりさん、どうでしたか行松さん」と聴かれたときにスラックより饒舌に語ってしまったw

なので、この人を軸にするんだったら
本当にワスレラレナイ夜というのを作ろう、と思ったわけで
だからこそ始めてVJを強く意識したのでもあります。
GOODWEATHERはVJ無し、できる限り暗いフロアで爆低音うなるフロアっていうのが
理想的なわけで、そこに視覚って邪魔だなって思っていたけど
あんなに存在感強いひとなら、もっと彩る夜にしようと始めて具体的に思えたのです。
なので、兼ねてから気になっていたアーティストTatsuya Fujimotoさんにお願いしたのも
そして行松さんをブッキングできたのも、
前回のGW#45 SPOOKYのTEAMである、JUN YOKOYAMAことヨコチンとCE$君のおかげでして
最近、本当に大阪、関西がまたアップしてきたように思います。

関西が元気になってくるとクラブシーンはより良くなるよね、なんせオリジナリティにかけては
良くも悪くも関西人ほど追究する所存の所は無いと思います。

SHIBAMASAを招聘するのも、そんな理由で組み合わせ的にもいいとも思ったし
やはり、彼らも今名古屋の夜を永遠のものにするようなパーティー”FUCKSLEEP“を主催するだけに
フロアへの貢献度がとても高く、そのインプロ性あるライブが毎週どこかでやっている彼らの
ポテンシャルにも繋がって、とてもフレッシュな存在になっています。

この時代に”ウワサが噂を呼ぶ”ってとてもアナログな世界ですが
SNSの限界が見える昨今、やはり刺激的で好奇心そそられるのは”ウワサのあの人”
是非、一緒のこの目で、この耳で、そして全身で感じてウワサに違わぬ狂気の沙汰までいきましょう。

JB’Sの音響が音圧もふくめて鳴り響く世界線は、今はココだけかと思います。
いつまでも夢見でいたい、シェルターのような場所になれば幸いです。

zechzgangz3_poster_frontzechzgangz3_poster_back

 

 

 

SPOOKY!!!!!!!!!!!!!

いよいよ水曜日からSPOOKYのJAPAN TOURです
ここまで、長かったなぁ・・・

つい先週にKODE9@代官山UNITに行きまして、久々にHYPERDUBボスという顔ではなく
KODE9のプレイを堪能しましたが、いやー、最高だったわ。
ロウハウスから130UK FUNKYそして割と現行のGRIMEの綱渡り感あるプレイは
彼の感性そのもので、去年のクロアチアOUTLOOKでも個人的にベストアクトだったし
ニューアルバムも早耳の氏らしく音響系にふりながらも敢然たるLOWなテクノ・・・
最近はGRIME〜UK JUKE経由のDJプレイヤー、例えばONEMANやJ CUSHみたいなスタイルが
UKのラジオショウではメインになって、その早耳風がマスなアプローチになったりして
憚らずも批判のネタになりがちだったが、

いやいや、KODE9こそがそのスタイルの元祖。
その一聴して何でもありと受け取られがちにチョイスされるサウンドは
実にスピットした興奮を誘うダンスフロア仕様であり
なによりも「だれもまだよく分かってないけどヤバイ」を延々と追った張本人。
やっぱ、すごくすごく尊敬できる・・・

プレイ後、「おまえ、なんでここにいるんだ、つーかwww」と言われながらも
楽屋でぼそっと「おまえ、お前が最初だろ、おれはわかってるぞ、テラーだったよな!」と
めちゃんこ珍しく”思い出”話をしたわけです。
いやー珍しい、レイドバック禁止的な人なイメージだったのに・・・
察するまでもなく、色々あっただけに個人的に旧い思い出も今は笑って話せました

(名古屋でのATARIDUB@dominaの思い出を珍しく言ってて、ああいうギューギューの
ダークでプラスティックピープルみたいなところって郷愁をさそうよね、って)

そんで「次、お前SPOOKYだろwwwウケるwwww最高wwwwww」ってコレも珍しく彼なりに褒められて
(なんつーか、同世代かつ気楽な友達なので基本ぼくはK9から小馬鹿にされキャラ)
ぼくも、ちょっとはK9に「へへん」と言えたわけです。

 

あー長かったなw
最初のTerror DanjahがHYPERDUBからリリースして始まったようなもんだし。
早耳の勝負っていうのは、ウケル受けないじゃなく
とにかく挑戦的で反抗的であるべきで、誰も知らない?は、最高でしょっていう
不確定で根拠のない自信みたいなものも必要なわけです。

そんな所存でスタートしたGWのGRIME行脚も、とうとう真打ち的SPOOKYへ!
久しぶりの大阪GWもめでたく盟友で開催できとてもワクワクしてます★シュー

GW45_front-01GOODWETAHER #45
SPOOKY JAPAN TOUR 2016

2/10 (水曜日/祝前)
大阪 SOCORE FACTORY
チケット予約
CAST: SPOOKY/ DJ TUTTLE / $OYCEE /NOUSLESS
JUN YOKOYAMA (Photo & Selectah!)

2/11 (木曜日)
DOMMUNE出演!
19:00~21:00 BROADJ Pionner
「A New Era Of Grime」
~ドキュメント グライム新時代 at DOMMUNE / BROADJ♯1821
DJ:SPOOKY(from UK)TALK:横山 純、SPOOKY、他…
観覧予約

2/12 (金曜日)
東京GLADチケット予約
CAST: SPOOKY/ PART2STYLE / D.J. kuroki koichi
Misonikov Quitavitch / NOUSLESS

2/13(土曜日)
名古屋CLUB JB’S
チケット予約
CAST: SPOOKY/ AGO / DU UJI / Misonikov Quitavitch
VAR$VS

 

SPOOKY

「グライムDJの中のグライムDJ」や「彼の曲がプレイされない夜はない」、「グライムビースト」と評されるDJ Spookyは
1988年生まれの東ロンドン出身のグライムDJ/プロデューサー。
2002年、若干13歳にしてMystic FMやHeat FMなどのロンドンの海賊ラジオでDJとしてキャリアをスタートさせる。
2004年東ロンドンのグライムクルーのDJ/プロデューサーとしてSlew Dem Crewに参加。
グライムはもちろん、UKガレージ、UKファンキーのヴァイナルを収集するハードディガーでもあり、BIG DADAのコンピ「Grime2.0」や
インストゥルメンタル・グライムの実験所「BOXED」でのDJ、新旧問わずグライムMCたちのオンリーワンのダブプレートを多数ストックする
UKアンダーグラウンドシーンの生き証人でもある。
それらはすべて彼の音楽や音楽家への愛であり、キャリアをスタートさせてからこの14年、Deja Vu FMの「Grimey Monday」や
Mode FMの「Night Shift」などの海賊ラジオにてプレイを続け、アンセムから誰も知らないMCたちの曲をオンエアし、UKアンダーグラウンド音楽をリードし続けている。2015年からはBBC 1Xtraにて不定期ながらもプログラムを持ち、Rinse FMにも復帰。
国内外で評価が高まりつつあるオーディエンスだけでなくミュージシャンたちのフェイヴァリットDJである。

プロデューサーとしては、2005年末に発表した1996年のダンスホール・レゲエの名リディム’Joy Ride Riddim’をサンプリングした’Joyride EP’(https://spookybizzle.bandcamp.com/album/joyride-ep)からキャリアをスタートさせた。
ダンスホールを熱狂に2013年Oil Gangからリリースした’Coolie Joyride’や2015年の’Fiesta Riddim’のリフィックスはダンスホール・レゲエからの多大な影響を表していると共に、ダンスホールを更にロンドンのグライム・サウンドに昇華させようという彼のステートメントでもある。
グライムアンセムとして彼の曲を挙げればきりがないが、2010年「Spartan」「Murderer」、2012年「Playground」、2013年「Pulse 007」、「Baby」と毎年のように自身のトラックやリミックス、リフィックスを発表し続けている。エネルギッシュかつミニマルで誰もが一聴しただけでスプーキーのトラックと分かるスプーキーのビートは、ダンスフロアのオーディエンスの理性を破壊し、グライムのダンスホールをスクラップアンドビルドしアップデートしつづける。

2005年から2015年までに制作されたSpookyプロデュースの曲だけで構成された2時間MIX。
http://uk.complex.com/music/2016/01/complex-sessions-001-spooky

彼自身がベストのうちの一つと自認するButterzとHardriveの二周年イベントのライブセット。
Butterz & Hardrive: The 2nd Birthday on Saturday 24th March 2012 @ Cable,
Mixcloud: https://www.mixcloud.com/spookybizzle/spooky-x-butterz-hardrive-2nd-birthday-24312-cable/
Download: http://www.mediafire.com/?jx7u9j9mb1md2lw

2015年Outlook Festival、Just Jam ステージでのSpookyのセット。最後にはブラジャーがステージに投げつけられるほどの熱狂。
http://www.dontwatchthat.tv/2016/01/just-jam-146-x-outlook-spooky/

DSC04936

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SPOOKY以上にクソヤバDJっていうのは実はそういなくて
どっちかいえばプロデューサーのほうが圧倒的にいるんだけど
脊髄反射的につくるマッシュアップや、チューンのヤバさがDJとかプロデューサーであったりラジオDJだったりの境目が無く
いつでも完全に喰っていっちゃう強さがあるのは、
かれがやはり海賊ラジオやカルチャーを愛するがゆえなんでしょうか
これまた個人的にも似たような動きや実際似てるッテ意味で
ここまで貢献しつづけてるPart2StyleのMal君に兄弟にシンパシーすら感じます

是非連休はGOODWEATHERのベストオブGRIMEを是非。

だれよりもぶっ飛べるサウンドで大騒ぎできる場所でさわごうさわごう!

解体再構築 ZECHZGANGZ#2

何もない空間に立体設計をするのが建築士だとすれば
すでにある立体建築に新たな視点をみつけるのも建築士だろう。
アーティストとは一線を引く現実構造の世界での建築という発想は
自然の様に異質な存在を認めさせる行程でもある。

そういう意味ではリノベーションする、新たな観点を提案する
そして実際行動して表明する音楽の進化はまるで建築のようだ。READ MORE

Swindle-Butterz-e1451672177289-rain

CROSS OVERをする健全性(GW#44に向けて)

HAPPY NEW YEAR OF MONEKY!

皆様、どんな年始をお過ごしでしょうか?
わたくしといえば、全く平素と変わらず
万福寺のカウントダウン年越しそばを終え
本日はひたすら横になるか、たまに立つかで
ほぼ何もしておりませんw

去年も相変わらず安定感のない事をしていましたが
今年もおそらく安定しない事ばかりに興味がわき
基本ゼロ発信で何事も取り組んでいく次第です。

で、早速ですが
もうパーティーがあります!
1/8に名古屋を代表する老舗クラブCLUB MAGOにて
イギリスはロンドンからGRIMEとかベースミュージックの枠を飛び越えて、もはや新しいソウルミュージックの天才!と呼ばれる
SWINDLEと、彼と同じレーベルメイトのFLAVA Dをゲストに
この天才が目指すジャズ感、UKクロスオーバー、ニューソウルを
おそらく最もわかりやすく手ほどきしてもらえる
ベテラントップアーティスト2組をお呼びして
新春早々素晴らしい音楽体験で幕開けしようと思っています。READ MORE

GOODWEATHERの狂乱

さて、いよいよ今週末=年末=狂乱の2015捲りってことで
GOODWEATHERもここから1ヶ月なんと4回戦あるんです、キチガイですw
そんなに何をすんねん!って言われたりもするけど
どうしても今このタイミングなら。。。って事を追ってるといつの間にかこうなっちゃうんです

というわけで、ちょっと羅列をすると
12/27 (SUN) CLUB JB’SGW pre. ZECHZGANGZ #1 GUEST : KYOKA

12/28 (MON) CLUB JB’S
GOODWEATHER #43 GUEST : Elijah&Skilliam

2016 1/8 (fri) CLUB MAGO
GOODWEATHER#44 GUEST : SWINDLE&FLAVA D

2016 1/29 (fri) CLUB JB’S
ZECHZGANGAZ #2 GUEST : Theater 1 /100mado(BPM100set)

ほっほっほ、ではざざざっとご紹介!READ MORE

ZECHZGANGZ

zechzgangz
sechsgang :意味 男性名詞、six-speed 6速MT
gang :女性名詞die gangとなると英語と同じ”ギャング”になる

GOODWEATHERは何でも屋と言われてもいいと思っていて
何でも屋、下請け人、三河三八ばりに人の避けた道を行くサウンドチーム
音楽を音楽として楽しむ為に個人の名誉よりは作り上げる一晩のほうが満足できるし
フロアの為に捧げたチームは名前も符号に過ぎないとすら思っています。

そんな何でも屋が音楽を繰り出しているウチに、
「何でもあり」ではなく「しかしリンクできる」としてやっていたHIPHOPを去年”OVERDOZED”として切り離し、ローンチしました。
SIMI LAB,Habanero posse,Stillichimiya、そして東海DOPENESS等。。。
より濃くフォーカスを当てられる分、我々の目指す世界も大変よく伝わったと思いますし
今年は開催できなかったが来年は本数が増えると思っています、希望観測だけども。

そして、また渾沌の中から生まれたのがエレクトリックダンス、ハウス、テクノなど
よりフロアライクでディープな世界観を目指したのが今回ローンチする”ZECHZGANGZ”であります。
ゼクスギャングス、完全に造語だがドイツ語の6速ミッションと英語のギャングを組み合わせたタイトルは
まさにGWを構成する6名の意味を打ち出しています。
一つが欠けても興奮や深層に行くことが出来ない。パーツとはそういう物だしね。

そんなローンチの記念すべき第一回ゲストはKYOKAさんをお呼びしました。
KYOKAさん、個人的に本当に大望で結構ふられつづけていましたが
今回素晴らしい引き寄せの法則に則り、初名古屋公演です!
ずっと待ち続けていた人も多かったと思うけど、どうかな?



どこのインタビューでも語られるテレコで遊んでいたエピソード
そこから延々と繋がる機材との実験性とアタック、そして低音で鳴らすテクノ(ロジー)は実に能動的でダンサブル、
そして語られるように「音に対してはニュートラルである」ように
常にコントロールをしながら音と人との間に生まれる熱量でフロアを歓喜させる
まさに、今必要とされる音楽を音楽として楽しむ純粋たる姿勢を感じている。



テクノというジャンルで語られるが、正直とにかくフロアパーツの羅列であり
まさに魔法的であるなと思っています。
ZECHZGANGZの多様なシフトにどのような実験と深度で人間の感情が踊るか
とても楽しみ・・・

なぜこのように切り離し、そしてそこにもGWの哲学を織り込んだかは
まだ始まる前のストーリーなので余り語る程でもないですが
生きてる音楽をやっていると、こうやって表現が無限に広がっていき
そうしてフラクタルに広がっていくのが理想ではあったので、このまま自由に繁殖していきたいと思います

繁殖行為は、なにも子孫のみではないでしょう
脳みその記憶や耳からの原始的な情報がフロアで遊んだ一晩で
永遠と続きますように。ZECHZGANGZは現実主義なGWやoverdozedと違って
とてもロマンティックな気持ちでやっていこうかなとは思っています。今は。

GWのワガママにつき合うCLUB JB’sにて看板テクノDJとして長らくシーンを支えるMUKAIとseli
アノニマスなダンスミュージックレーベルCLOCK HAZARDからku_______
MdMから、ビート経由ながらもKYOKAに最も近いアプローチをするRAMZA

そしてGWからビートメイカーとしてのエレクトロニカセンスを発揮するDJYKKに
このパーティーの軸となる東海唯一のAM4:00ラバー、SAV

是非、年末の浮き足だった空気と一緒に踊りましょう。

http://iflyer.tv/event/251802

名古屋を拠点に活動するグラウンドゼロパーティー
”GOODWEATHER”がその活動をより明確なフォーカスに当てるためにHIPHOPに特化した”Overdozed”に続き、
テクノ/エレクトリックサウンドに特化した”Zechzgangz”をローンチ

その記念する第1回目は東京/ベルリンを活動拠点にし
現在進行系の実験 ・電子音楽レーベルの最高峰の一つである”raster-noton”における
初の女性ソロアーティストとして世界中で活躍するKYOKAのライブショウを軸に
MdMにおけるキーマントラックメイカーRamza
日本中のアノニマス的表現者を束ねるダンスツールレーベルCLOCK HAZARDからku______
そしてGWからはこのパーティーの軸を担うSAVを中心とし
名古屋のテクノシーンをリードするMUKAI等新たな音楽の提案と夜を追究する。

GOODWEATHER pre, Zechzgangaz Launch Party
GUEST : KYOKA(LIVE)

DJ : SAV/MUKAI/seli./DJYKK

LIVE : RAMZA/ku______

adv 2500yen door 3000yen

enjoy GOODWEATHER mailing list

* indicates required




Powered by WordPress Popup