明日に向かって拍て

JB’Sの店長、尾張小牧の暴君ことアベベakaアベちゃんと
何かとよく話すンだけど、やっぱりお互いに思うのは
「音楽で勝負したい」っていうのがありまして。
基本クラブっていうのは音楽を重きにおいてはいるが
総合的な意味で風俗というか文化、カルチャーも含めた場所で
色々な風俗が混在するからこそクラブでしか為しえないってとこもあって。

でも、やっぱ基本的には「音楽ありき」ってところがあります。

そんな、ぼくとアベちゃんの立ち話から始まった
「皆そろって世界標準サウンドを経験して、本気をみせよう」
そんな企画が明日のJB’S主催”JB’S x GW x VOID”です。

名古屋じゃMAGOに並ぶ老舗のJB’S。
サウンド面でも定評あるし、BASS MUSICに対してもドンとこいだし
ぼくらみたいなサウンドシステム入れたいという事にも
理解を持って協力し、答えてくれる
だからこそ、お客様にもっと基本のサウンドウンターテイメントをやろう!
というとろこが一致したのも如何にもJB’Sらしいかなと思います。

VOID(https://www.clubberia.com/ja/features/feature-132-void/)ってなんじゃらほいですが
日本語で大変詳しく解説してあるページは☝ですので是非ご覧下さい。
元はファンクションワンという誰もが知る音響機材メーカーから独立した
精鋭なるサウンドチームですが、キモはココです
Ministry of SoundとfabricというUKの二大巨大クラブのサウンドシステムをデザインした
世界的なデザイナーDave Parryが特にイチオシするサブウーファーが今回持ち込まれます!
あらゆる音楽の楽しみ方のなかでも
世界最高峰によるエンターテイメントは、聞こえなかった音すらも感じますよ!

8_8poster

 

レクチャー予約はコチラから!

最近、また音楽のことを考えるのが楽しいです

Site Footer

enjoy GOODWEATHER mailing list

* indicates required




Powered by WordPress Popup